ココロうるおい カラダよろこぶ

そんな『癒しとアンチエイジングの郷・蒲郡』をご紹介する協議会オフィシャルページです。

「三河木綿着物 蒲郡蜜柑染め」5/10より販売開始

「三河木綿着物 蒲郡蜜柑染め」 〜自然の心地よさを感じる和の装い〜



癒しとアンチエイジングの郷推進協議会 天然染色開発委員会(委員長 川合隆司)が開発を進めてきた「蒲郡みかん染め」繊維製品の第一弾商品として、「三河木綿着物 蒲郡蜜柑染め」を、あづまや呉服店(愛知県西尾市吾妻町277-2 TEL: 0563-57-4091)及び有限会社信濃屋呉服店(愛知県蒲郡市形原町東中畑38 TEL:0533-57-2052)が、平成22年5月10日より販売開始いたします。



癒しとアンチエイジングの郷推進協議会 天然染色開発委員会は、ナチュラル志向や健康志向のニーズにマッチした「天然由来色素染色による癒しの繊維製品」として「蒲郡みかん染め」繊維製品の開発に取り組んでまいりました。

「三河木綿着物 蒲郡蜜柑染め」の開発にあたっては、天然染色開発委員会の参画企業に加えて、呉服小売業者としてあづまや呉服店が参画し、生地の風合いや色合いなど、顧客現場からの声を反映させ開発を進めてきました。

縞柄のデザイン(SDK織物企画:愛知県蒲郡市)から、糸の染色(藤浜染工株式会社:愛知県蒲郡市)、織り(村越試織:愛知県蒲郡市)まで三河繊維産地で作られた「メイド・イン・三河」の商品です。



「三河木綿着物 蒲郡蜜柑染め」の特徴としては、蒲郡特産品のみかんの葉木から抽出した色素パウダーを、癒しのイメージの強い天然由来の染料として用いて染色を施しております。

素材も天然由来にこだわって綿100%の生地となり、地域ブランド「三河木綿」素材の新たな商品としてご提供いたします。生地の柄は「三河木綿」伝統の縦縞・三河縞を「蒲郡蜜柑染め」独特の淡い黄色から茶色で表現しています。



温暖な蒲郡の地で、太陽の光をたっぷりと浴び育まれたみかんの葉。自然の恵みで染められ彩られた「三河木綿着物 蒲郡蜜柑染め」を身に纏う、そんな自然の心地よさを感じる和の装いをご提案いたします。



■天然染色開発委員会参画企業・団体
  小森株式会社
  森重實業株式会社
  株式会社鈴寅
  藤浜染工株式会社
  村越試織
  SDK織物企画
  名古屋女子大学家政学部教授 石原久代
  愛知県産業技術研究所三河繊維技術センター
  蒲郡市観光協会
  蒲郡市
  蒲郡商工会議所

■参考サイト
  癒しとアンチエイジングの郷・蒲郡 http://www.aa-gg.jp
  あづまや呉服店 http://kimono-hiroba.jp
  三河テキスタイルネットワーク夢織人 http://www.yumeoribito.jp
  蒲郡商工会議所 http://www.gamagoricci.or.jp

■お問い合わせ
  癒しとアンチエイジングの郷推進協議会事務局
    蒲郡商工会議所 Tel:0533-68-7171
カテゴリー
●蒲郡みかん染め
日時
2010年05月10日11:44
コメント
(0)
トラックバック
(0)

「蒲郡みかん染め」テックスビジョン2009ミカワに出展

蒲郡みかん染め



温暖な蒲郡の地で太陽の光をたっぷり浴びたみかんの葉。

自然の恵みで染められ彩られた布を身に纏う。

自然の心地よさを感じる装いをご提案します。



〜テックスビジョン2009ミカワに出展しました〜



ナチュラル志向や健康志向の高まりに対応した「天然由来色素染色による癒しの健康繊維製品」の開発に取り組んでいる天然染色開発委員会。

このたび、平成21年10月16日から17日にかけて開催された三河産地の繊維総合展示会「テックスビジョン2009ミカワ」に出展しました。

自然の心地よさを感じて癒される「ナチュラル・アンチエイジング」なスタイルとして、蒲郡みかんの枝葉より抽出した天然色素で染色された蒲郡特産の綿織物をご提案。



癒しの時間を過ごす温泉旅館の装いをイメージした「蒲郡みかん染め浴衣」や、黄味、オレンジ味、茶味の蒲郡みかん染め糸で織り上げた「蒲郡みかん縞」生地を展示しました。



また、「蒲郡みかん縞」のからみ織りストールを身に纏う明るくて健康的な女性キャラクターを展示。



トーク&デモンストレーションでは、蒲郡みかん染めのチュニックやブラウスを披露しました。

◆展示パンフレット(PDFファイル)はこちら
カテゴリー
●蒲郡みかん染め
日時
2009年10月30日04:00
コメント
(0)
トラックバック
(0)

テックスビジョン2008ミカワに出展

自然を纏(まと)う。



〜天然染色テキスタイル・作品を提案〜




協議会の開発プロジェクトの一つ、天然染色開発委員会(委員長 川合隆司)では、ナチュラル志向や健康志向の高まりに対応した「天然由来色素染色による癒しの健康繊維製品」の開発に取り組んできました。

平成20年10月10日,11日にかけて開催された繊維総合展示会「テックスビジョン2008ミカワ」に「自然を纏(まと)う。」をテーマとして出展し、天然由来の色素により染色を施したテキスタイル及び作品を提案しました。

「自然を纏(まと)う。」をテーマに提案したテキスタイルは、蒲郡特産のみかんの葉木から色素を抽出し、天然染料として用いて染色を施しました。

愛知県産業技術研究所三河繊維技術センターを中心とした染色技術の研究により、みかんに近い鮮やかな発色が可能に。

素材も天然にこだわり綿素材を使用しています。

また、みかん染めの生地を使って、名古屋女子大学家政学部の学生がデザイン・製作したチュニックなどのアパレル作品、株式会社藍クリエイトがデザイン・製作したアパレル作品等を出展しました。

◆プレスリリース資料(PDFファイル724KB)はこちら
カテゴリー
●蒲郡みかん染め
日時
2009年10月30日03:40
コメント
(0)
トラックバック
(0)

1